RINK☆倶楽部♪

好き勝手に書くブログです☆

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

モノの価値って? ちょっと考えてみた 

 

 宇宙レベルで考えれば、モノの価値は本当は0(ゼロ)なことに気づいた、要するに、ただの物質(素粒子の集まり)に過ぎない。空間だけなら時間は存在しないのと同じで、人間が存在しなければ、モノに価値はない。

 生きていれば当然のこと、生活に必要なものがでてくる、そういったモノに価値が加わっていくのは、当然だと思う。しかし、今の世の中は何か違う!!  

 意味のない&必要のないモノに価値をつけすぎじゃないの? 例えば・・・ ブランド品 ・ 高級ワイン ・ アンティーク ・ 有名人の身に着けたもの ・ 高級車 等・・・ これらのモノを、普通のモノと比べても、素粒子的には、たいして差がない。それなのに、付加価値が高すぎる。 それを購入して満足している人は、見る目がないとしか言いようがない。ここで言う見る目とは、必要か必要じゃないかのこと、・・ 日本に住んでいると、それがまるっきり、見えなくなってしまっている。例えば、世界では、飢餓に苦しんでいる人が、たくさんいる。しかし、そんな人に、ブランドバックや骨董品をプレゼントしても喜ばないでしょう。きっと食べものが欲しいはずです。そう考えると、飢餓の人たちにしてみたら、これらのモノは価値がゼロなわけです。

・・・ということは、人の生活環境によって価値は異なるという事、絶対的な価値ではない。相対的な価値が成り立ちます。・・・ 

 このことを踏まえて、世の中のモノを見渡すと、価値の絶対的定義がなく、心理的に作り出された幻想的な価値観を世の人々は共有していることになります。

 

 

 

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://rinkshop23.blog54.fc2.com/tb.php/3-1025e883
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。